イタッ、マッサージの時の痛みの意味

シミウスホワイトニングリフトケアジェルでマッサージをしている時、痛く感じる時はありませんか?マッサージで起こる痛みには、2通りあります。

 

それは「良い痛み」と「悪い痛み」です。

 

「良い痛み」の場合、問題ありませんのでそのまま続けていただいても大丈夫です。

 

「悪い痛み」の場合、注意しなければなりません。

 

「悪い痛み」を感じる場合は、ジェルの使用方法やマッサージの仕方を改善する必要があります。

 

マッサージをしている時、鈍い痛みとコリコリしたところがある場合は、そこが顔の凝っている場所かも知れません。

 

その場合、この鈍い痛みはすぐではありませんが、毎日のマッサージでほぐすことにより解消されていきます。

 

いわゆる肩こりと同じで、老廃物を流したり、コリをほぐしたりとマッサージすることによって、血行がよくなり改善されるのです。

 

ですが、一度にコリをほぐそうと力をいれすぎてのマッサージは避けなければいけません。

 

肌への過剰な刺激は、シミ、シワそしてたるみの原因となりますので、毎日の優しいマッサージが望ましいのです。

 

ジェルの量が少なすぎて摩擦が起きている場合、マッサージの力が強すぎる場合、「悪い痛み」の原因と考えられるのが、主にこの2つです。

 

ジェルの使用量が少なすぎると、摩擦により痛みを感じたりすることがあります。

 

前にも説明しましたが、摩擦はシミの元を生みだす場合がありますので、「お手入れガイド」に記載されているジェル使用量でマッサージすることをお勧めします。

 

また、「乾燥している肌」は、「潤った肌」より摩擦が起こりやすく、ダメージを受けてしまいますので乾燥しやすい方は、使用量の目安よりもやや多めのジェルでマッサージすることが望ましいでしょう。

 

シミの悩みを早く解消したくて焦ってしまい、思わず力を、入れてしまう方もいるかも知れません。

 

ですが、力を入れすぎてのマッサージは痛みの原因になりますので、力加減にも注意が必要です。

 

なるべく「痛気持ちいい」を心がけてマッサージするようにしましょう。

 

また、肌の弱い方は「気持ちいい」ぐらいがベストとなります。

 

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ